料理

糖尿病食の宅配サービスで健康的に│痛風の予防にもなります

食べ物で健康的になろう

食事

痛風が心配の方は、普段の食事を改善することによって、それを予防することができます。まず、痛風の原因は普段の食生活での暴飲暴食であるとの指摘があります。痛風になりやすい人は、際限なく食事をとったり、アルコールを習慣的に摂取しているという特徴がるようです。しかし、食事が毎日の楽しみという方もいると思いますので、食べる物の質を向上させて量を減らすということもできるでしょう。いつもより少し食べ物を贅沢にする代わりに、量を少なめにして、腹八分でおさめるということです。どうしてもお腹いっぱいに食べたいという方は、食事前や食中、食後に水をたくさん飲むといいとされています。水は体積をいっぱいにさせるため、これを大量に飲むことで少しの量の食事でもお腹いっぱいになりますし、痛風の予防にもなります。また、普段からアルコールの摂取をしている人は休肝日をつくるようにしましょう。毎日アルコールを常飲していると、アルコール中毒の予備軍に入る可能性があるだけではなく、痛風や糖尿病になるリスクも負ってしまいます。飲む量や時間帯などの決まり事をつくるだけで、痛風の予防になるので、実践してみることが大切です。また、1日の食事はできるだけ栄養バランスが偏らないようにしましょう。肉類や油物、塩分が多いが中心の食生活は、体に様々なデメリットをもたらします。また、外食などをする際は主食、主菜、副菜のバランスがとれた定食系などを食べるようにするといいでしょう。また、間食などもできるだけ糖分をひかえた食べ物をとるようにすることが重要になります。